conheca TOYOHASHI

トップページ > 豊橋市の紹介 > 市長のメッセージ

Twitter YouTube facebook

メールアドレス   パスワード  新規会員登録パスワードを忘れた方

ええじゃないか とよはし映画祭2019  

ええじゃないか とよはし映画祭2019

ABT:今日は市長のメッセージをお届けします。


佐原市長、こんにちは。どうぞよろしくお願いします。


 


市長:Olá!(オラ!) Tudo bem?(トードベン?)


みなさん、こんにちは。よろしくお願いします!


 


ええじゃないか とよはし映画祭2019 


 


ABT: 年が明けてから気が付けば1か月経ちました。ということは、映画祭の季節ですね!


 


市長:本当に早いもので1か月が過ぎましたね。正月は温かかったけど、いよいよ豊橋の冬がやってきましたね。そんな冬には、映画が見たいですよね。ということで、映画の季節になりました。


豊橋では2つ大きな映画祭があります。1つは、スロータウン映画祭です。今が映画祭真っ最中ですね。これは、どちらかというと、少し古い映画、懐かしい映画を対象としていて、もう1つの映画祭が「ええじゃないかとよはし映画祭」です。今年で3回目となります。豊橋東高校出身の園子温 監督何か楽しいことがした。という思いで作った映画祭です。園子温さんがディレクターと務め、映画やドラマで活躍している松井玲奈さんがアンバサダーとしてゲストで来てくれます。また、今年は、豊橋ふるさと大使の杉田成道さん(監督)を審査委員長に迎え、コンペティションを開催します。そのため、杉田監督の映画も上映します。


 


ABT:コンペティションということは、応募もたくさん来ているのですか?


 


市長:そうなんです。私も審査委員の一人を務めるのですが、あまりの量にいつ見たらいいのか・・と思うほどです(笑)


 


ABT:場所や日程、主な上映作品を教えてください!


市長:3月8日(金)~3月10日(日)の3日間、穂の国とよはし芸術劇場「プラット」(主ホール、アートスペース)、開発ビル10階で行います。主な上映作品は、   「クソ野郎と美しき世界」、豊橋出身の女優さんが活躍した映画「カメラを止めるな!」、「祈りの幕が下りる時」や昨年、大ヒットをした映画「コードブル―」も上映する予定ですので、みなさんぜひ楽しんでください。


ABT: さて、恒例の佐原市長へのポルトガル語クイズです。


「カメラを止めるな!」をポルトガル語で何と言うでしょうか?


 


市長:「Nao pare a camera」(読み方:カマラ)かな?読み方はカメラ?ポルトガル語は難しいな・・。


 


ABT:「Camera」の言い方だけだったので、正解ですよ!ありがとうございました。来月もまた、よろしくお願いします。


 


市長:こちらこそ、どうもありがとうございました。

*
    *